カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

認知症患者の割合、OECD加盟国で日本が最多

日本の認知症患者の割合(有病率)は、経済協力開発機構(OECD)加盟35か国の中で最も高いことが10日、OECDが公表した2017年版の医療に関する報告書でわかった。

年齢が上がるほど認知症有病率は高まる傾向にあり、日本は世界で最も高齢化が進んでいるためとみられる。

報告書によると、日本の人口に対する認知症有病率は2.33%で、OECD平均(1.48%)を大きく上回り、最も高かった。

2位はイタリアの2.25%、3位はドイツの2.02%だった。

日本の有病率は20年後の37年にはさらに上昇し、3.8%に達すると推定されている。

読売新聞

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

高齢化社会になると、必然的に認知症患者の割合も増えるのですね。

昨日の記事でもアップしましたが、高齢になってもなるべく社会参加するようにしないと、認知症になるリスクは増えるようです。

家の中で閉じこもっていてはだめですね♪

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・肩こり・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト
  1. 2017/11/25(土) 17:19:51|
  2. 健康ニュース
  3. | コメント:0

聴力低下と社会的活動の減少で、要介護リスク2倍に

聴力の低下と、社会的活動の減少が組み合わさると将来、介護を必要とする状態になるリスクが高まる。

そんな調査結果を国立長寿医療研究センターと桜美林大学などのチームがまとめた。

年とともに聴力は衰えていくが、外出や会話といった社会的活動を減らさないことが要介護状態にならないために大切という。

朝日新聞

**************************************************

身体が加齢により衰えていくのは仕方がありません。

ただ、いつまでも家に閉じこもらず、積極的に社会とかかわっていきたいですね。

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・肩こり・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
  1. 2017/11/24(金) 18:01:58|
  2. 健康ニュース
  3. | コメント:0

FC2Ad