カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

八朔(はっさく)の祝い

八朔とは、八月朔日(ついたち)の略で、旧暦の8月1日のことです。

本来は農家の行事で、その年に取れた穀物を神に供え、主家や知人に贈ってお祝いしました。

別名「田の実の節句」とも呼ばれます。

後に一般にも広まり、物品の贈答を行う風習が定着し、これが現在の「お中元」のもととなります。

八朔の祝いでは「尾花粥(おばながゆ)」や「黒ごま粥」が食されました。

尾花とはススキの穂のことで、黒焼きにしたススキの穂をお粥に混ぜて作る尾花粥は、暑さ疲れの妙薬といわれています。

また、黒ごま粥のごまは、不飽和脂肪酸やビタミンEが豊富であり、古来より不老長寿の妙薬といわれています。

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・肩こり・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト
  1. 2017/08/01(火) 10:13:09|
  2. 健康ニュース
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad