FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

熱中症に気をつけましょう

5月に入って25度を超える夏日や30度を超える真夏日になる日が出始めていますが、この時季から気を付けたいのが熱中症です。

今年は新型コロナウイルス感染防止のため日常的にマスクを着用していることや外出自粛により、熱中症のリスクが高まるとされ
ています。

例年以上に熱中症の注意が必要です。

☆熱中症を引き起こす要因

人間の体は、平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで、体温が外へ逃げるしくみになっていて、体温調節が自然に行なわれます。

しかし、体温の上昇と調節機能のバランスが崩れ、熱の放出ができなくなると、どんどん体内に熱がたまってしまい、熱中症になってしまいます。

例年は5月ごろから少しずつ暑さに慣れていきますが、今年は外出の機会が減っているため、暑さへの慣れが難しい状況です。

さらに、日常的にマスクをしているため、熱がこもりやすく熱中症のリスクが高まります。

<今年ならではの熱中症リスク>
・外出自粛による体力低下
・外の暑さに体が慣れない
・マスク着用により熱がこもりやすい
・マスク着用によりのどの渇きに気づきにくく脱水症になりやすい

☆熱中症の症状と処置

<主な症状>
・めまいや立ちくらみ、顔のほてり
・筋肉のこむら返り
・倦怠感や虚脱感、吐き気、頭痛
・汗が異常に出る、または全く出ない状態
・体温が高く皮膚が赤く乾いている

重症になると・・・
・意識消失、けいれん、体が熱い など

呼びかけに反応しないなど意識障害がみられる場合には重症である可能性も高いため、速やかな治療が必要となります。

<熱中症が疑われる場合の処置>
・風通しのよい日陰など、涼しい場所へ移動する
・衣服をゆるめ、体を冷やす(首回り、わきの下、足の付け根など)
・水分、塩分、経口補水液などを補給する
・自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を呼ぶ

☆熱中症予防のポイント

●水分をこまめに取りましょう
水分と塩分が含まれたものを飲むようにしましょう。
1リットルの水に1~2gの食塩と大さじ2~4杯の砂糖を加えて飲むと、効率よく水分を補給できます。

●気温と湿度をこまめにチェックしましょう
屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しをよくすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎましょう。
また、テレビやWebなどで公開されている熱中症指数で、熱中症の危険度をチェックしましょう。

●衣服を工夫しましょう
麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選びましょう。
また、外出時は帽子や日傘を使用して直射日光を避けましょう。

●睡眠環境を快適に保ちましょう
通気性や吸水性のよい寝具を使ったり、エアコンや扇風機を使用して睡眠環境を整え、睡眠中の熱中症を防ぎましょう。

●暑さに負けない体をつくりましょう
バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとるなど、体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

日ごろからウォーキングなどの軽い運動を行い、汗をかく習慣を身に付けることで、暑さに適応しやすい体になります。
適度な運動を心掛けましょう。

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・肩こり・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト



  1. 2020/05/22(金) 06:52:07|
  2. 整体
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する