FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

心房細動は脳梗塞のサイン!?

写真 (12)

脳梗塞は脳の血管の病気ですが、脳梗塞の原因として「心房細動」が挙げられることをご存知でしょうか?

最近では、不整脈のひとつである「心房細動」による脳梗塞が増えているといわれています。

脳梗塞のサインともいえる、「心房細動」について知っておきましょう。

○心房細動とは  

心房細動は不整脈の一種で、心臓の心房がけいれんするように震えて、規則正しい拍動ができなくなった状態のことをいいます。

正常な心臓は、1分間に60~80回の収縮と拡張を繰り返し、血液を全身に送り出しています。

その規則正しいリズムは、心臓の右心房にある同結節がペースメーカーの役割をし、電気信号を正確に出すことによって生れます。

ところが、何らかの原因で電気信号が乱れると、心房が不規則に震えてうまく収縮できなくなります。

心房細動が起こると心房の拍動数は1分間で300回以上になり、心臓は速く不規則に拍動します。

<症状>
・胸が苦しい
・階段や坂を上るのがきつい
・息が切れやすい
・疲れやすい
・めまい、ふらつき

全く症状が現れないこともあり、必ずしも生命に関わる危険な不整脈ではありません。

しかし、近年、心房細動は脳梗塞の重要なリスクとして認識されるようになっています。

<心房細動の原因>

加齢のほかに高血圧、糖尿病、拡張型心筋症や心筋肥大など心疾患によって引き起こされることがあります。

また、ストレス、過労、睡眠不足、暴飲暴食、アルコールやカフェインの過剰摂取、喫煙なども心房細動の引き金となります。

つづく

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F

スポンサーサイト



  1. 2015/03/27(金) 06:13:05|
  2. 整体
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する