FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

脊柱靭帯骨化疾患って?

写真 (18)
脊柱靭帯骨化疾患をご存知でしょうか。

この疾患は文字通り、脊柱の自然なアーチを支える靭帯という組織にカルシウムが沈着して骨化してしまうという疾患です。

脊柱の靭帯が骨化すると、脊髄神経が圧迫され、しびれや痛み、麻痺などの症状を引き起こすことがあります。

このような脊柱を支える靭帯には、前縦靭帯、後縦靭帯、黄色靭帯などがあり、特に、後縦靭帯と黄色靭帯は脊髄神経を取り囲んでおり、先日楽天の星野仙一監督が黄色靭帯骨化症で監督を辞任したのは記憶に新しいところです。

○後縦靭帯骨化症って?

このように罹患すると怖い脊柱靭帯の骨化ですが、特に後縦靭帯骨化症は別名「日本人病」と呼ばれています。

これは頸椎(首の骨)の後縦靭帯(脊柱の背面側で、脊柱の過度な屈曲を防ぐための靭帯)が骨化して、脊柱管(脊髄を通す管)の内腔に張り出して、脊髄の圧迫障害を引き起こします。

1960年代に日本で発見されました。

欧米人には少なく、日本人病とよばれていて、原因は不明です。

頸椎に多く発症しますが、胸椎(背中)や腰椎(腰)でも認められています。

症状としては、突然の運動障害や知覚障害が下半身に及ぶことが多く、歩行困難になることもあるようです。

ここからは、推測の域をでませんが、おそらく日本人は背骨の弯曲が少ないことが原因のように思われます。

つづく

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん)武蔵小杉の整体・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト



  1. 2015/04/18(土) 11:49:43|
  2. ゆがみ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する