FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

「あせも」について

写真 2 (50)

前回からの続き♪

○あせもの予防ポイント

ますます暑くなる夏に向けて、下記のようにあせもをつくらない生活を心がけましょう。

●汗をかいたらすぐにふきとり、肌を清潔に保つ

汗をふくときは、乾いたタオルよりも、水でぬらしたタオルの方が、汗の成分をよくふきとれます。

またふきとる際はゴシゴシこするのではなく、押さえるようにふくと、皮膚のバリア機能を守ることができます。

●通気性・吸湿性の良い服を着る

最近は吸汗速乾素材を使用したインナーなども数多く販売されていますので、それらを利用して、ぬれたままの状態が続かないように気をつけましょう。

●屋内であればエアコンを使用し、高温多湿の環境を避ける

風通しの良い、涼しい環境にいれば、あせもができることはありません。

エアコンを適度に使って、涼しい環境を心がけましょう。

湿度は50%程度を目安にすると良いでしょう。

●お風呂やシャワーはぬるめにし、石けんを使いすぎない

石けんをたっぷり使って、ナイロンタオルでゴシゴシと体を洗うのはNG。

皮膚のバリア機能が弱まって炎症を起こしやすくなります。

同じく熱いお湯につかったりシャワーを浴びたりするのも避け、ぬるめのお湯で汗を流しましょう。

●ベビーパウダーを使う

赤ちゃんにはよく使われるベビーパウダーは、大人のあせも予防にも使えます。

ベビーパウダーには汗を吸着して皮膚を乾燥させる働きがあるため、風呂あがりなど清潔な状態の皮膚にして軽くはたいておくと良いでしょう。

ただし、あせもができてしまったときは、汗の出口をふさぐ可能性もあるため、使用は避けてください。

●緑黄色野菜を積極的に取る

ビタミンが豊富に含まれている緑黄色野菜は、皮膚や粘膜を強くし、免疫力を高めてくれる効果があります。


あせもは肌を清潔にして予防することで十分対応できますので、日頃からのスキンケアに心がけ、快適な夏を過ごしましょう。

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん)武蔵小杉の整体・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mailto:sarireen@gmail.com

〒211-0011川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F



スポンサーサイト



  1. 2015/07/27(月) 10:57:36|
  2. 整体
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する