FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

石鹸のはなし


出口のない毒 経皮毒 石けん・合成洗剤編 (子ども法廷シリーズ④)出口のない毒 経皮毒 石けん・合成洗剤編 (子ども法廷シリーズ④)
(2008)
葛城しん、山田康代 他

商品詳細を見る

まだまだ暑い時期がつづきます。

このような時期は、1日に何回もシャワーを浴びるかたもいるのではないでしょうか。

その際に考えていただきたいのが、ボディーソープや石鹸のこと。

ボディーソープや石鹸は、身体の表面の汚れを落とすものと考えがちですが、その成分に石油由来の化学的な成分が入っていたりすると、皮膚から吸収されて”経皮毒”として、身体に様々な悪影響を及ぼします。

このような”経皮毒”は、ボディーソープの他にも、食器用洗剤や洗濯用洗剤のような合成洗剤にも含まれています。

今回は、知らず知らずのうちに蝕まれているかもしれない、ボディーソープや合成洗剤などの”経皮毒”について考えてみたいと思います。

■石鹸とは?
石鹸とは、パーム油や動物性の脂肪などの天然の油脂に苛性ソーダ・苛性カリを混ぜてできたものです。

石鹸は94%以上の「純石鹸分」がないと、石鹸として製品表示できません。

石鹸の特長としては、身体にやさしいということがあります。

石鹸は上記のとおり、天然の油脂を主原料としているので、仮に食べたとしても、体内で脂肪酸とグリセロール、塩に分解されます。

カラスなどの野鳥も、純石鹸であればこれを食べることがあるようです。

また、天然成分でできているので、石鹸カスなどの洗いカスが下水に流れたとしても、1時間以内に二酸化炭素と水に分解されるので、環境を破壊するということもありません。

分解されずに残ったカスも微生物のえさになるのです。

また、合成洗剤のように経皮毒の心配がないので、「洗濯用」「食器洗い用」「身体を洗うため」「洗顔用」など用途別に使い分ける必要もありません。

ただし、石鹸は、合成洗剤のように安価な材料で化学工場で大量生産ができるというものでもないので、比較的コスト高という特徴があります。

つづく

カイロ鉄庵は、10月より日曜日の営業始めます♪
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト



  1. 2014/08/16(土) 05:57:09|
  2. 整体
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する