FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

食中毒のはなし

前回からの続き。

○天候と食中毒の関係

食中毒と診断される方の多くが、「細菌性食中毒」と「ウィルス性食中毒」です。

細菌性食中毒は夏から秋、ウィルス性食中毒は秋から冬の季節に発生しやすくなります。

また、秋にはキノコやフグなどの「自然毒による食中毒も増えてきますので注意が必要です。

食中毒を引き起こす細菌は、不衛生な環境や高温多湿の梅雨時期から初秋にかけて増殖が活発になります。

また、同じ量の細菌を体内に取り入れても、体力や免疫力が高い健康な人ならば発症しなかったり、発症したとしても軽症で済みます。

しかし、秋は季節の変わり目であり、夏の暑さや体力や免疫機能が低下しているところに、大きな気温や湿度の変化も加わり、体調を崩しやすく、食中毒にかかりやすい状態になります。

また、秋に食中毒が多いのは、9月は長雨や秋台風の影響で気温や湿度が高くなり、10月は秋晴れの行楽シーズンでバーベキュー、遠足、運動会、文化祭、お祭りなど衛生管理が不十分な戸外での調理や食事が増えることも影響しています。

特に、戸外でのバーベキューは、火の加減が難しいため、加熱不十分な状態で食べてしまうことが多いです。

夏の戸外でのバーベキューにおいては、購入から調理までの間、きちんと食材を低温保存(10度以下)にしていても、涼しく快適な秋の季節では食材の保温管理も油断しがちです。

昔は、涼しい秋や寒い冬の季節には食中毒が発生しにくいといわれてきましたが、ノロウィルスによるウィルス性食中毒は秋から冬にかけて発生しやすくなります。

ノロウィルスは低温や乾燥にも強いため、秋から冬にかけても生存できるからです。

また、この時期に出回る旬の食材であるカキなどの二枚貝の内臓にノロウィルスは蓄積されやすく、加熱が不十分な二枚貝を食べて感染します。

ノロウィルスは患者の体内で増えていくため、感染した人が感染に気付かずに手洗いなどが不十分なまま調理した場合、食品が汚染されて食中毒となります。

飲食店をはじめ、ホテルや旅館、病院、学校、会社、介護施設などで働く調理関係者であれば、集団感染を引き起こす場合もあります。

また、キノコやフグなどの自然毒による食中毒は、秋から冬にかけての食材の旬の時期に発生します。

細菌性食中毒やウィルス性食中毒と比較すると、発生件数は多くはありませんが、致死率を高める恐ろしい中毒を引き起こします。

秋は、紅葉狩りとともにキノコ狩りの季節でもあります。

夏の気温が高く、その後の適度な降雨と朝晩の気温の低下によってキノコは生育しやすくなります。

山には、食用キノコのみならず、有毒なキノコも発生していることから、毎年キノコによる食中毒が多発しています。

毒キノコには、食用キノコに類似した形状のものも多くありますので、種類が特定できないものは素人判断で採取するのは危険です。

秋から冬にかけての海の旬の食材には、カキ以外にもフグがあります。

テトロドキシンと呼ばれる神経毒が含まれているため、食べられる種類や部位は決められています。

フグによる食中毒の多くは、自分で釣ったフグを調理して食べることで発生しています。

つづく

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん)武蔵小杉の整体・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mailto:sarireen@gmail.com

〒211-0011川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト



  1. 2015/09/13(日) 05:46:24|
  2. カイロプラクティック
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する