FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

自律神経を整える呼吸

私たちが普段無意識に行っている呼吸は、実は、自律神経と深くかかわっています。

通常、自律神経が支配する場所は、内臓など意識的に動かせない場所ばかりです。

ただし、呼吸だけは例外です。

息を吸い込むのは、自律神経のうち「交感神経」吐き出すのは「副交感神経」の働きによります。

イライラした時に呼吸が浅くなるのは、交感神経が緊張して、息を吸ってばかりいるからです。

一仕事終えた後に思わず「ふう」とため息をつくのは、副交感神経が身体にリラックスを促しているからなのです。

これはつまり、呼吸をコントロールすることで、交感神経と副交感神経に働きかけることも可能ということになります。

太極拳や、ヨガの呼吸法など昔からある健康法もこの仕組みを取り入れています。

緊張して身体が硬くなっているときなどは、まず息を吐きだして肺を空にしてみてから、ゆっくり深く息を吸い込み、そのあと、吸い込んだ時より時間をかけてゆっくり吐き出します。

息を吐いているときに副交感神経が刺激されるので、緊張が解け、リラックスすることが可能です。

○腹式呼吸のやり方


とくに女性に多く見られる呼吸法が、胸だけで息を吸い込む(肋骨の働きだけで息を吸い込む)胸式呼吸です。

これだと、呼吸が浅く速くなり、酸を十分に取り込みにくいのです。

普段から呼吸の浅い人でも、腹式呼吸をマスターすれば酸素をスムースに取り入れることができ、自律神経のバランスが整います。

腹式呼吸は、横隔膜(胸腔と腹腔の境の呼吸運動に関する筋肉)を伸縮させて行います。

やり方としては

1.ゆったりと椅子に腰かけ、鼻からゆっくり息を吸い込みます。

2.このときへその下あたりを意識して、そこに空気をためるようにイメージします。

3.たくさん吸い込めたら、今度は口からゆっくり息を吐きだします。

4.このとき、吐き出す息が長いほど、副交感神経が長く刺激されることになり、リラックス効果があります。


疲れやすい人や、仕事を終えても緊張が解けない人。

肩こりなどに悩まされている人は、腹式呼吸でリラックスする習慣をもつといいでしょう。

つづく

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん)武蔵小杉の整体/肩こり・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mailto:sarireen@gmail.com

〒211-0011川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F


スポンサーサイト



  1. 2016/05/26(木) 00:35:21|
  2. 整体
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する