FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

がん抑制遺伝子の働き判明

http://mainichi.jp/articles/20160609/ddm/016/040/019000c

がんになりにくいことで知られるハダカデバネズミを使い、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の弱点である「がん化」を防ぐ遺伝子の働きを明らかにしたと、北海道大と慶応大のチームが発表した。

チームはハダカデバネズミの皮膚からiPS細胞を作製。

解析の結果、人のiPS細胞で働きが弱まるがん抑制遺伝子「ARF」が、ハダカデバネズミでは活性化していることが判明した。

さらにARFの働きを人工的に抑えると、iPS細胞そのものができなくなり、がんへの道を閉ざすことが分かったという。

***************************************

この研究で、iPS細胞を利用した再生医療がさらに発展していくといいですね。

また、がんの治療そのものにも利用できないものですかね。

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん)武蔵小杉の整体/肩こり・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mailto:sarireen@gmail.com

〒211-0011川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F


スポンサーサイト



  1. 2016/06/09(木) 11:05:39|
  2. 健康ニュース
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する