FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

玄米のはなし

前回からのつづき

■白米を食べると疲れやすい?

白米など精製された糖質は、糖質を消化吸収されるための補酵素(ビタミンBなど)が精製過程で排除されてしまっています。

補酵素とは、糖質からエネルギーを得るためのサイクルに欠かせない、ビタミン類のことです。

たとえばニンニクをたべると元気になったような気がします。

これは、ニンニクそのものよりも、ニンニクに含まれるアリシンといわれる成分が変化し、ビタミンB1の様な働きをすることによって、身体の糖質がエネルギー源として使われやすくなるからなのです。

逆に、白米などの糖質を大量に摂取したとしても、補酵素がたりないと、十分にエネルギーとして燃焼させることができず、結果として燃えカスが脂肪として蓄積されてしまうのです。

他方玄米は、糖質を吸収されるための補酵素が排除されずに残っているので、糖質を十分にエネルギーに変えることができるのです。

■神経症状

ビタミンB群は、神経の伝達にも必要とされます。

ビタミンB群がたりないと、手首などの末梢の神経が圧迫され痛みを感じる場合があります。(末梢神経圧迫症候群)

妊娠している、授乳期、リウマチ、糖尿病などを併発していると起こりやすいです。

白米などの精製された糖分を摂取しつづけていると、恒常的にビタミンB群が不足するため、このような症状が起きる場合があります。

戦前に軍隊で、体力をつけさせようとして、副菜を十分に摂らせず白米のみを大量に食べさせた結果、ビタミンB1が不足し脚気が流行したのは有名な話です。

また、ビタミンB群が不足すると口内炎などの炎症も起きやすくなります。

つづく

カイロ鉄庵は、10月より日曜日の営業始めます♪
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・腰痛・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト



  1. 2014/09/23(火) 11:49:36|
  2. カイロプラクティック
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する