FC2ブログ

カイロ鉄庵(くろがねあん)院長ブログ

カイロプラクティック的な健康生活のヒントをおとどけします。

加齢によって脳は衰える?

年齢を重ねることで、内臓や筋肉が衰えるのと同様に、脳にもさまざまな変化が現れます。

顕著な例としては、脳の大きさの変化があげられます。

高齢者の脳は、成人したころと比べて小さくなることが知られています。

30歳から60歳にかけて、脳の容積は約10%減少するといわれています。

こうした変化は、「脳の萎縮」とよばれており、加齢によって神経細胞が減少するために起こります。

脳内の神経細胞が最も多くなるのは胎児期であり、その後は原則として減少の一途をたどります。

このように、年齢とともに神経細胞が減少するのは自然なことであり、アルツハイマー病などによる病的な萎縮ではない限り、加齢にともなう脳の委縮は、通常の身体的変化ということができます。

○加齢によって脳は衰える?

では、脳の委縮は脳が衰えるということを意味するのでしょうか?

新生児の脳の大きさは成人の約25%といわれ、その後、20歳ころまで成長し続けます。

脳が大きくなる主な要因は、学習や経験によって神経細胞同士をつなぐ組織が増えるためとされています。

実際、神経細胞同士をつなぐ組織の集まりである、脳の白質と呼ばれるエリアの割合は、年齢を重ねても横ばいか、若干増えていることが分かっています。

つまり、神経細胞が減ることで脳は萎縮しますが、様々な学習や経験を重ね、神経細胞同士をつなぐネットワークを増強させることで、脳は一生成長し続けると考えられるのです。

つづく

カイロ鉄庵は、日曜日の営業始めました♪(水曜定休です。)
*******************************
カイロ鉄庵(くろがねあん) 武蔵小杉の整体・肩こり・骨盤矯正♪
URL:http://iron-chiro.com
Mail to:sarireen@gmail.com

〒211-0011 川崎市中原区下沼部1760-4ヴァンヴェール小杉1F
スポンサーサイト



  1. 2017/04/28(金) 06:31:11|
  2. 整体
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する